家を売る場合、どこに相談するのがベストですか?

6.家を売る どこに相談する

世の中には様々な専門家が存在しますが、あなたが家を売りたいと考えた場合には誰に相談するのがベストでしょうか?

これはあなたが家を売るかどうかを考え始めてからどのくらい深く調べたかによって相談先が変わってくることになります。

 

 第一段階「不動産業者」

家の売却を考えた時に一番初めに知る必要があるのは「売却の可否」と「相場」ですよね。

 

個人で広告を建てて自由に値段設定をして、そこに買い手が連絡をとってくればいいですが、買い手集客のノウハウも相場観もない素人では実際問題不可能に近いです。

 

そこで売却を想定しての物件査定や近隣地域での同様物件の相場の調査が必要になってきます。

これにはやはり不動産の取引実務を日々行っている不動産業者に相談するしかありません。

 

できるだけ複数の業者に査定や見積もりをお願いすることで平均的な金額が見えてくることでしょう。

 

また、良い買い手を広く探すために広告戦略も重要ですが、広告費がかかるため、手数料との兼ね合いも検討が必要です。

 

ともかく売却を考えた時の最初の第一歩は取引実務を担う「不動産業者」となります。

 

不動産鑑定士は不動産の価額の国家資格

不動産鑑定士は不動産の価額に関する専門家であり、不動産の価額についての高度な知識を持っています。

不動産業者とは異なり、公正中立な立場から、業者の利潤などを差し引いた適正な価額を導いてくれるので、安心です。また、実際の売買価格にも精通しています。

ただ、実際の売買には関わらないケースがほとんどなので、コンサルティングサービスとしての活用になります。

しかし、高額な不動産の売却において失敗しないためにも、信頼のおける不動産業者が見つからないときは、客観的な意見をもらえる不動産鑑定士は重宝するかと思います。

 

最近では、一般の方々の不動産の売買についての相談を受け付けてくれたり、適切な不動産業者を紹介してくれる不動産鑑定士も存在するので、費用はかかりますが、一度相談してみてもよいかもしれません。

 

FPや税理士は税金の疑問が出てから

査定や相場の算出が済んで売却から代金の回収までの一定の絵が描かてくると、

今度は売却代金についてどんな税金がかかるのかなどの心配がでてくるかもしれません。

 

その時はFP(ファイナンシャルプランナー)や税理士が適当ですが、

税金のみの深い相談ならば税理士、不動産にからむ一般的な税制度の相談や不動産の運用、

あるいは相続対策などの相談もしたいならばFPなどが適当でしょう。

6.家を売る場合、どこに相談するのがベストですか?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン 広告枠

このページの先頭へ