売却の際、残債が残ってしまったら、新たに購入する家のローンに上乗せはできますか?

64.売却の際残債が残ってしまったら

現在の地価の状況などから不動産を思った額で売ることはあまり期待できません。

特に住宅の場合は経年劣化がありますから、バブル期のような特殊な状況でない限り思った以上に値減りは早く進行するため売り値が期待よりもかなり下がることがほとんどです。

単純に家を売るというだけならば多少の値減りは甘受できる部分もありますが、その家が住宅ローンの返済中である場合はそうはいきません。

 

原則としてローン返済中の物件を売却するには銀行に残ローンを一括して全額返済しなければならないからです。

そのため残ローンの額よりも高い値で売らなければならないので値段設定もシビアになります。

 

しかし市場での取引は流動的ですので売却代金では残ローンの完済が出来ないケースも多くあります。

このような時には新たに購入する家のローンに上乗せはできるのでしょうか。

 

買い替えローンによって実現が可能

自己資金での残ローンへの充当が苦しい場合でも、買い替えローンを利用して新たに購入する家のローンに、残ローンを組み入れることが可能です。

ただしこれは元の住宅ローンを組んだ銀行と同じ銀行でなければなりません。

 

また新たなローンですから当然審査が必要になりますし、そこに元の残ローンの負担も入るわけですから審査はより厳しいものになります。

債務者の信用レベルが高くなければ審査は否決され、新たな住宅ローンは組めなくなるので新住居を購入することはできなくなります。

 

銀行としては「自己資金で返済分を賄えない財務状態の人」を審査するわけですから、ハードルは高いものと考えておく必要がります。

安定した収入源と、その収入がローン返済中ずっと続くという確証が無ければ新たな融資実行を断ることになります。

 

自己資金で充当できるならばした方が良い

新たな住宅ローンに残債を組み込むよりも、可能であれば自己資金も投入して一括返済した方が金利負担などの軽減作用により全体の負担が減ります。

自己資金に余裕がある状態ならば事前に繰り上げ返済を行っておけば、将来の返済額に付着している利息負担を消すことができるのでより有利です。

退職金の前借りなどができる場合もあるので、お勤めの会社の規定を調べてみるか、問合せしてみてください。

全ての会社で前借りが可能ではありませんし、使用用途が限定されている場合もあります。

64.売却の際、残債が残ってしまったら、新たに購入する家のローンに上乗せはできますか?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン 広告枠

このページの先頭へ