自宅の不動産価値を知りたい。売る予定がない家を不動産業者に査定だけをしてもらうことは可能ですか?

130.自宅の不動産価値を知りたい

自分が所有する自宅の客観的な価値を知りたいという気持ちは、所有者であればだれでも持っている感情です。

固定資産評価額など一定の行政目的のための評価額であれば、不動産業者を使わずとも調べることはできますが、やはり気になるのは市場価値ですので、この場合は、プロの業者の目で見てもらいたいですよね。

そこで、現在は自宅を売る予定はないが、価値を知るために業者に査定してもらうことはできないものでしょうか。

査定を頼むことはできる

今現在売る予定が無くても、価値を知るために査定をお願いすることはできます。

ただ売る気が無いと正面から言ってしまえば、業者によっては忙しい中で手間だけかけさせられたと気分を害する者もいるかもしれません。

この点を考えると、表面上は「将来の売却に備えて」とか、売却をにおわせる方便は必要かもしれません。

ただ、不動産というのは換価しにくく、現金が急ぎで欲しいときにはなかなか現金化できないという性格を持つので、将来のいざという時の為に、価値を知っておきたいという要望があるのは業者も承知しています。

ですから「売却が必要な事態になったら当社をご利用くださいね」という挨拶の意味も込めて、査定の要請に応じてくれるはずです。

業界的にも、そういった繋がりを大切にする文化がありますから、顔を知っていて損はないからです。

こういった事情を考慮して、上手く査定依頼のお願いの仕方を考えてみて下さい。

もし、どうしても業者との対面での査定依頼が気後れするという場合には、もっと手軽で簡便な方法もあります。

不動産の机上査定を利用する

業者に直接査定をお願いするのは訪問査定というもので、実際に物件を見て外観、内情、周辺の状況などを見て物件の評価をします。

もっと簡便な方法に机上査定というものがあり、実際に業者の担当者が現地を訪問せずに行う査定です。

訪問せずにどのように査定するのかというと、物件の築年数や間取りなど定型的な情報を電話やメールなどで聴取して、その地域での同程度の物件が過去にどれくらいで取引されたのかという情報と照らし合わせて大体の金額をはじき出します。

現地を見ないので精度は当然下がりますが、簡便で依頼者にも業者にも双方に負担感が少なくて済みます。

特定業者に連絡してすることもできますし、最近ではネットで一括査定などのサービスも登場しています。

130.自宅の不動産価値を知りたい。売る予定がない家を不動産業者に査定だけをしてもらうことは可能ですか?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン 広告枠

このページの先頭へ