家を近所に内緒で売りたいのですが、どうすれば可能ですか?

79.家を内緒で売りたい

家の売却で心配になるのが近隣住民への対策ですね。

家を売るということは一般的にネガティブなイメージあるのか、売らなければならない事情を詮索されることが多いようです。

 

例えば住宅ローンを支払えなくなって泣く泣く売り飛ばすのではないかとか、夫婦仲が悪かったから離婚して財産分与するために売るのではないだろうかとか、噂されたりすることがあります。

売却のことを売主が自分で近所に言いふらすわけでなければ、簡単には近所には分からないのではないかと思う人もいるでしょう。

ここではどんな経緯で近所に知られてしまうのか、知られないようにするにはどうすればよいのか見ていきましょう。

 

不動産査定の際に知られてしまうケース

住宅を売るには、その物件にどれくらいの魅力があるのかを判定するために、不動産業者に査定をお願いすることになります。

この時物件の外観から内部の状況、建物の基礎など構造の状態など詳しく調べます。

この時業者の査定員が家の周りをうろつくことになるので、それが「売却の為の査定だ!」と察知されれば気づかれることになります。

特に「○○不動産」などとネーム刺繍された作業着など来ていたら、わかりやすいですね。

この点、通常の売却査定でなく競売などという事情があると悲惨で、物件の状態を確認するための下見などに複数の業者がひっきりなしに訪れるのですぐに知られてしまいます。

 

広告宣伝から知られてしまうケース

物件を売るにはお客さんを募らないといけませんから、広告宣伝を行う必要があります。

これをしないと売るに売れませんから全くしないわけにはいきません。

この広告宣伝が近所の人の目に留まれば売り出しされているのが知られてしまいますね。

 

近所に知られないようにするには

仲介する不動産業者にお願いして対処してもらうことができます。

100%知られない保証はできませんが、査定の際にもスーツ姿で臨んだり、できるだけ近所の目に触れないように配慮して査定を行います。

近所に売却のことを知られたくないという売り主は多いため、そういった配慮にも不動産業者はなれています。

 

また広告宣伝についても、近所に知られたくない度合いと、良い買い手を見つけて高値で売りたい度合いを比較考量して、宣伝の強度を下げることで近隣住民の目に留まりにくくします。

近所に広告チラシをまかないことや、ネット広告にも載せないで遠くの地域にのみ情報を発信するなどの工夫がなされます。

偶然その情報を近隣住民がキャッチすることもあるので、やはり100%の保証はされませんが、業者の配慮でかなり秘密裏に、売却を進めることは可能です。

79.家を近隣に内緒で売りたいのですが、どうすれば可能ですか?

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン 広告枠

このページの先頭へ