家の中を見せずに簡単に見積もってもらう方法はありますか?

60.家の中を見せずに見積もり

自宅にどれだけの市場価値があって、どれくらいで売ることができるか知りたいというのは皆さんが思うところですが、不動産の査定は業者から派遣される査定員によって目視による査定調査が基本です。

こうなると他人を家に上げるわけですから、心理的な抵抗があるのも事実ですよね。

 

現在住んでいる家屋であれば、多少片づけたとしても生々しい生活の跡も全てみられるわけですから恥ずかしさもあります。

基本的にしっかりとした査定を希望するならば実際に業者に出向いてもらってする訪問査定になりますが、どうしても嫌だという場合は机上査定という方法もあります。

 

机上査定とは

これは物件の現地調査を行わず、その物件のある程度の情報を伝えるだけでおおよその値段がわかるというものです。

物件を見ないのになぜ金額が分かるかというと、その物件特有の間取りや築年数などは正確に伝えるとして、その他の要因を独自に調査して査定額に加味するからです。

 

例えば類似物件の過去の取引事例を調べたり、その近隣地域で現在売却希望が出されている物件(ライバルになる物件)、あるいは不動産取引全体の動きなどを調べて査定額に反映させることができます。

業者に伝える必要があるのは間取りや面積の他、築年数、戸建てか区分所有(マンションなど)の種類、住所などです。

 机上査定の弱いところは、家の査定に最も重要な物件本体のチェックができないというところです。

 

この要素を欠くので、物件本体に大きな傷や汚れ、錆びなどのマイナス要因が多ければ机上査定の金額よりも当然下がります。

このように物件の状態によっては、訪問査定を受けた際に提示される金額と、かなりかけ離れた数値になる可能性は否めません。

 

 

家の外観だけでは査定できないの?

家の中に入れたくないが、外観だけであれば見てもいいよという方もいるかもしれません。

しかし通常そのような査定の方法はとられることはありません。

 

もしかしたら中にはOKを出す業者もいるかもしれませんが、訪問する方も手間と時間をかけて来るわけですから、

中途半端な調査依頼は断られるでしょう。

また外観だけではその物件特有の価値の30%も分からないのが本音ではないでしょうか。

やはり内部まで見て実際の五感で確かめる必要がります。

 

間取りなど物理的なもの以外にも、屋内の臭気ですとか近隣住民の話し声や生活音などの状況など物件固有の状況をしっかり判断するには内部への立ち入りが必要です。

60.家の中を見せずに簡単に見積もってもらう方法はありますか?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン 広告枠

このページの先頭へ