住宅ローンが残っている家を売りたいです。残債がある不動産を売却する方法を教えて下さい。

22

住宅ローンの残債が残った状態では通常その家は売ることができません。

何故かというと、仮にAさんにその家を売るとした場合、所有権移転の登記をしなければなりませんが、そのためには住宅ローンのために設定された抵当権の抹消登記を経なければならないからです。

抵当権を消して綺麗な状態にした物件でなければならないということですね。

そしてこの抵当権を消すためには抵当権者への一括返済が必要になってきます。

 

 売却額で残債を賄えるか?

ローンを組んだ銀行等の抵当権者に残債を一括返済するには、通常その不動産の売却利益からの支弁で残債返済分の金額を賄えるかどうかを検討します。

もし足りない場合は、自分の固有の財産から支弁して返済に充てなければなりません。

通常、不動産の売却事案では思ったような金額で売れない、あるいは買い手そのものがなかなか見つからないといったことが多く、売り主を焦らせる原因になっています。

 もし自己資金で賄えない場合は、家族や親族等から借り入れて返済資金に継ぎ足すこともできますが、結局はそれも借金となってしまいます。

 

住宅の買い替えならば買い替えローンも

単にその家を売却するだけでばダメですが、新たに住宅を購入するための買い替えであれば、条件によっては、銀行等から買い替えローンの融資を受けることで、残ローンの支払いを待たずに売却が可能になる場合もあります。

しかしこれも結局は次の新しい住宅購入に係る借金に、旧住宅の借金を加えたものになるので残債が増えるだけの構造です。

あなたにかなり安定した収入があって、確実に返済がなされるという信用があれば、銀行等から買い替えローンの融資を受けることができます。

 

別業者から別融資を受ける

もし売却予定額と残ローンの額がわずかであれば他の銀行や融資先から別枠で資金を借り受けて抵当権の抹消に使うことも検討できます。

 結局は借金ですから利子を付けて返さなければならないので高額の借入は危険です。

しかし抵当権の抹消を優先して取りあえず不動産を売り抜け、残ローンを完済した後で別枠融資の返済を実行していくという方法もできなくはありません。

これにはあなたの安定収入を評価してくれる銀行等が必要ですし、ダメな場合は金利の高い消費者金融などしか相手にしてくれないかもしれません。

そういった高金利の業者の利用は控えた方が良いでしょう。

22.住宅ローンが残っている家を売りたいです。残債がある不動産を売却する方法を教えて下さい。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン 広告枠

このページの先頭へ