住宅を一番高く買い取ってくれる業者選び。高額で売れるコツを教えて下さい

110.住宅を一番高く買い取ってくれる業者

土地や建物など不動産を売りに出す時には、大抵不動産業者のお世話になりますね。

この時、売却の方法が2つあることを覚えておきましょう。

一つは、不動産業者を介して第三者の買い手を探してもらう仲介という方法。

もう一つは、その不動産業者に直接買い取ってもらう方法です。

直接買い取りであれば、短時間で売却でき、仲介手数料もかかりませんが、仲介による売却よりかなり安い金額になってしまいます。

不動産業者の儲けを考えれば仕方のないことですが、できるだけ高額で買い取ってもらう方法はないものでしょうか。

複数業者の見積もり比較は必須

より高額で買い取ってくれる不動産業者を見つけるには、見積もりの比較検討は必須の作業になります。

不動産業者と一口に言っても、得意分野が異なりますから、物件の種類や所在地などの要素によって、買い取り金額にばらつきがでることも多々あります。

仲介の物件査定と違って、実際の売却の際に売値が変わることはありません。

なので、単純により高い購入金額を提示してくれた業者に売れば良いことになります。

相見積は効率が大事

複数業者からそれぞれ見積もりを取って、金額を比較することを「相見積(あいみつもり)」といいます。

不動産業者は中小合わせるとかなりの業者数になるのをご存知ですか?

名前の知られている大手の業者が必ずしも高額を提示するとは限りません。そもそも不得意なジャンルであれば買取をしないこともあります。

そこで地域の街の不動産業者なども含めて検討することになりますが、タウンページなどで調べればかなりの業者数になることが分かると思います。

これらに一軒一軒電話や訪問して、見積もりを取ることもできます。しかし、それではかなりの手間と時間がかかります。

確かに相対でじっくり話を聞けるというメリットもありますので、一概に否定はできません。
その相談自体を効率的に回せるように、時間区分を設定して効率的に立ち回る必要があるでしょう。

もう一つ相見積を取る方法に、一括査定サービスを利用する手があります。

インターネット上で、不動産買取の一括査定ができるサイトが複数あります。
売却を考えている物件の所在地に存在する業者が多く登録していそうなサイトで、一括見積もりをしてみても良いでしょう。

ただし、この手のサイトは地元の全ての業者が参加しているとは限りません。

参加するかどうかは業者側が決めるので、お目当ての業者が参加していない可能性もあります。

この意味では、手間は省けるものの精度が少し下がると考えることもできます。

111.相続した土地付き住宅を売却した場合、土地と住宅の税金は別々になりますか?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン 広告枠

このページの先頭へ