不動産を相場より高く売りたい場合、相場を大きく上回る価格を提示すると、不動産会社の仲介を断られますか?

144.不動産を相場より高く売りたい

通常不動産を売却しようとするときは、事前に不動産業者に査定をお願いすることになります。

多くはその査定額の通り、若しくは依頼者の意向で少し上乗せした価格を提示することがほとんどです。

プロの不動産業者が提示した査定額というのは、市場価格として妥当であると考えられるからです。

ここで売主としては、自分の物件はできるだけ高く売りたい、そんなに安いはずがないとして納得がいかないこともしばしばあります。

こういう時は、売り主の意向として、相場と思われる査定額を大きく上回る額で売りたいと要請すると、仲介を断られてしまうようなことはあるのでしょうか。

売り主の意思を尊重するため、断られるケースは少ない

不動産業者はできるだけ売り主の意向を尊重します。

ですから多少の提示額の変動は認めます。

しかし、あまりにも大幅に上回る額で売りたいと言われた時には困惑するでしょう。

どうしてもと言えば受け入れてくれるでしょうが、それは売り主の意思尊重の為であって、そのために売れる可能性がかなり低くなってしまうと説明されることになるでしょう。

業者は、長年の経験とノウハウを蓄積しているので、素人よりはるかに高い精度でその物件の市場価値を見抜きます。

それが「売れる額」だからです。これを大きく超えれば売れなくなるのは当然です。

売り主としてはこのことを踏まえて、あまりに査定額を超える提示は控えた方がよろしいでしょう。

明らかに成約に結びつかない金額の場合、断られるケースもある

しかし、中にはあまりに高額を提示する場合は仲介を断られることもあるかもしれません。

業者からすれば、仲介契約の経緯よりも結果を求められるわけですから、売らないことには手数料は入ってきません。

いったん引き受けた案件を、成約に結びつけられないということが、自社のブランドに傷が付く、顧客から言いがかりをつけられると判断すれば、仲介を断る可能性はあります。

市場価格を大きく超える物件が売れる可能性は、期待できません。

売れない物件をあえて引き受けることは、場合によっては自社にダメージをもたらすことがあるかもしれないと考えれば、売り主の意向には添えないこともあります。

やはり売り主としては、市場価格の目安となる不動産業者の査定額を信用した方が良いでしょう。

査定額に納得できない場合は、複数社に査定をお願いしてみましょう。

複数社とも近い数字が出れば、それは一社目の作為的な査定額ではなく、やはりその物件の市場価格だと判断することができるでしょう。

144.不動産を相場より高く売りたい場合、相場を大きく上回る価格を提示すると、不動産会社の仲介を断られますか?

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ
閉じるボタン 広告枠

このページの先頭へ